画像

ナノゾーンコートの室内施工

 人が触れる機会の多いドアノブや椅子、キーボード、机などにナノゾーンコートを施工するだけで、長期間除菌、消臭効果が長続きします。

表面に塗布された光触媒(ナノゾーンソリューション)は、分子間結合という極めて強固な力で素材と一体化するため、理論的には半永久的にはがれることはありません。
表面に菌やウィルス、ニオイ物質などが接触するたびに効力を発揮し、酸化分解、不活性化させます。
アルコールなど薬剤や洗剤などで拭いてもなんら影響を受けません。

 施工に際して特別な養生は必要ありませんし
施工後すぐに乾くのでそのままお使いになれます。

ナノゾーンコートは水と微量のアルコールと酸化チタンのみを塗布します。
非常に細かい霧で散布しますので、即座に乾き跡も残りません。
パソコンの画面やマウス、キーボードなど気になる所に施工が可能。
場所を選びません!

 春日井市のきくらげ産直販売店「モーグマルシェ」様でナノゾーンコート施工させていただきました。

お店には不特定多数の方が出入りされますので、ナノゾーンコートしていただくとお客様にも従業員の方にも安心です。

 ナノゾーンコート施工の流れ
1.お電話または下記お問合せフォームよりお問い合わせください。
  ご不明な点があれば何なりとお問合せ下さい。
2・施工したい場所、面積などからお見積りいたします。
  図面などあればより正確な金額がご提示できます。
3.ご希望の施工日時など打合せをいたします。
  できるだけお客様のご要望に沿えるよう調整させていただきます。
4.スタッフが施工に伺います。
  特別な養生は不要ですが、事前に簡単な清掃をしていただくと助かります。
5.施工完了後、施工済み証をお渡しします。
  お店の玄関などに貼っていただくと衛生管理のアピールとなります。

ナノゾーンコートの耐摩耗性についての実験結果

 名古屋市工業研究所において5/11 ナノゾーンコートを塗布したステンレス板とタイル盤の耐摩耗試験が行われました。
その結果、酸化チタンの量は塗工直後が2.5あり、摩耗試験180回(半年分)後に0.7、360回(1年分)後に0.6、720回(2年分)後に0.6という値になっています。

最初の半年で数値が下がっていますが、これは表面の凹凸の凸部分に付着した酸化チタンや重なって乗っかっていた酸化チタンについては、摩耗によって剝がれやすいためです。最初の数値から比べると0.6という値は低いと感じてしまいますが、研究員のお話では 0.6というのは十分に付着されている状態であるということです。
また、半年以降は数値が横ばいになっていることから、最初に剥がれやすいものが落ちた後は、その状態が維持されているということが確認できたと言えます。
傾向からの推測になりますが、2年以降も横ばいに推移すると思われます。

そのため、施工する素材によって状況は異なりますが、ステンレスやタイルなどの素材表面自体が剥がれ落ちたりしないものであれば、ナノゾーンコートの酸化チタンは半永久的に吸着しているものと考えられます。

 施工料金は2,200円(税込)/㎡から
 ※部屋全体を施工すると料金も高くなります。
  できるだけ人が触れる部分を中心に施工する方がお安くなります。
  事前にお部屋を拝見してご相談させて頂きます。

施工動画
こちらからご覧になれます!

お問い合わせはお気軽に

  お電話でもネットからでもお気軽にお問合せください。

お電話でのお問合せは
052-614-1303
で受け付けております。

お問合せフォームは24時間受付をしておりますのでお気軽にお問合せください。
なお、保険のお問い合わせは、直接、お電話にてお願いします。
>> お問合せフォームはこちら

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!